無農薬野菜と有機栽培野菜

無農薬野菜、有機栽培野菜を使う人や、自分で野菜を栽培する人が増えています

野菜に求める美味しさと安全

食に関する安全性が求められて久しいですね。以前には、消費期限の偽装事件などがありました。また、中国からの輸入食品に混入していた毒物の問題もありましたよね。

そんななか、野菜にかけられる農薬が危険ではないか、という問題も随分前から指摘されてきています。そのため、無農薬野菜、有機栽培野菜というジャンルがどんどんと拡大してきています。「無農薬」でかつ「有機栽培」である、というカテゴリーの中に入る野菜の「ステイタス」が、その野菜を買っている本人のステイタスにつながる、といっても過言ではないようです。

つまり、野菜の栽培方法についてもよく勉強していて、農薬の危険性や有機栽培の有効性などについても詳しい、という方、そして、女性の皆さんが昨今、どんどん増えてまいりました。そのため、究極は、自分で野菜を栽培して、より確実に、安く、より安心な野菜栽培をしたい、という人も増えてきています。

新しい資格「野菜ソムリエ」という分野があるのをご存知でしょうか。設立間もない資格ではありますが、ますます、食への安全が求められている昨今、持っておくと生活にいかせるだけでなく、食関係に就職する折にも有利になります。

野菜の通販

野菜を通販で購入する方が、年々増えているようです。野菜を買う、というと、従来は、近所のスーパーや市場などで購入することが多かったと思います。野菜や果物を通販で購入するメリット、というのは、いったいどこにあるのでしょうか。

野菜を通販で購入するということは、産地から直接取り寄せる、ということになります。自分で直接、産地から取り寄せることで、どこで生産されたものか、ということがいつでもわかって安心ですよね。また、近所のスーパーで購入すると、近くでいいのですが、持って帰るのが重かったり、仕事でなかなか買いに行けなったりします。その点、通販であれば、指定の日時に持ってきてくれますので、助かりますよね。また、卸問屋を通さないので、価格的に割安になったりもします。また、卸問屋をとおしている時間分を、早く自宅に届けてくれるので、より新鮮な品を入手できますよね。

昨今、産地偽装事件などが取りざたされるようになってきて、ますます、食への安全性への意識が高まってきているようです。